第18回日本抗加齢医学会総会 参加・発表


休眠打破ブドウ種子胚乳の抗がん作用は、直接的な殺傷の形態と、免疫を通じた間接的な形態の両方が、同程度の濃度で認められた。このため、この種の二剤併用と同様に相乗効果が期待される。休眠打破巨峰ブドウ種子胚乳を食べると、免疫活性化効果が認められるため、健康維持・回復が期待される。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA