食品表示基準及び新たな機能性表示制度に係わる説明会に参加しました


食品表示基準及び新たな機能性表示制度に係わる説明会の福岡会場に3月13日参加しました。

表示しようとする機能性の科学的根拠を説明するものとして、少なくとも、最終製品を用いた臨床試験、または最終製品又は機能性関与成分に関する研究レビュー(システマティック レビュー)を提出必要があります。このためには、海外(外国語で書かれたもの)も含め有効な査読付き論文の検索が必要になり、この提出が求められます。これには専門の科学の知識だけではなく、英語の知識に加え、専門の検索エンジン必要になります。

当社は、九州大学の小名准教授の監視のもと、専門の技術者、研究者がシステマティック レビューを行ないますので、データの信頼性は抜群です。是非、お問い合わせ下さい。

表紙-2

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA