日本動物実験代替法学会第31回大会 参加・発表


国内産の巨峰種子を休眠打破することにより、内容成分の相転移を促した胚乳は、ヒトに対して抗がん効果が認められている。今回ヒト用に開発されたin vivo-like薬剤感受性試験を、イヌ由来の乳がんに適用して抗がん効果を確認した。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA